予選レポート

予選レポート:大阪大会(関西ネクストジェネレーションズカップ)


10月から開始された【BATTLE X ROAD】予選。

その最後となる「関西ネクストジェネレーションズカップ」が開催されました。
その様子をレポートします。

昨年は他会場に比べ圧倒的なボルケニオン使用率を誇っていた、「尖った環境」大阪。 今年はどのようなデッキが現れるのでしょうか。

今回は会場を変え、鴻池新田のグリーンパルでの開催です。
総勢100名の選手が参加となりました。

予選5回戦で使われたデッキタイプをお伝えします。

最も多かったデッキタイプは【ルガルガンGX・ゾロアークGX】でした。
こちらだけで使用率は約2割となっており、この通称【ルガゾロ】を使うのか、対策をするのか、ここからこの大阪予選環境は始まっていたようです。

次いで多かったのは【ジュナイパーGX】派生。
【ガマゲロゲEX】で動きを止めてクロックを刻むタイプと【カプ・コケコ】でダメージをばら撒くタイプで大きくふたつに分かれていました。

そこから【よるのこうしん】、【グソクムシャGX・ゾロアークGX】とお馴染みのデッキが顔を並べますが、他大会で多く使われていた【サーナイトGX】はあまり採用されていませんでした。

本選トーナメントに上がったのは16名の選手。
【ルガルガンGX・ゾロアークGX】、【よるのこうしん】、【グソクムシャGX・ゾロアークGX】といったお馴染みのデッキに加え、発売されたばかりの【ソルガレオGX】デッキや今では影を潜めた【オーロット・ネクロズマGX】デッキが並び、あと少しで届く権利を目の前に緊張の面持ちを並べていました。

本選を制して勝ち上がったのは徳島から遠征されたAkiさんの【オーロット】デッキ! ダメージをばら撒くオーロットをこの環境で活かすための工夫がされたデッキで、このゾロアークの大群の中を見事掻い潜り、見事優勝を手に入れました。 惜しくも準優勝のあきらさんは【よるのこうしん】デッキ。 相性は厳しいにも関わらず、勝ち筋を手繰り寄せるプレイで接戦でした。 そして3位にいとさん、4位に某坊やさんと続きます。 四人には1月に行われるBATTLE X ROAD本選参加証が贈られます。 おめでとうございます!

最後は全員で記念撮影、からの大規模撤収作業。
100名分もの椅子と机がものの5分で片付けられ、あっという間にキレイになりました。

この大阪大会で1ヶ月半続いたBXR地域大会予選もすべて終了となります。

ここからはいよいよ1月の本戦へ向けてユニットが構築されていくわけですが、各地域の予選大会で惜しくも敗北を喫した参加選手たちの意志も彼らに受け継がれ、地域の代表としての側面も持つこととなります。

各地の中から頂点に立つのは、果たしてどのユニットでしょうか。

2018年1月、東京に行われる本選にてお待ちしております。

関西ネクストジェネレーションズカップ運営の皆さま、参加選手の皆さまありがとうございました!

 
  • 文: CHANG